Umi&Beni's diary

アビシニアン・ブルーの男の子海と、ルディの女の子、紅のお話。プラス日々のこと。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 紅の避妊手術*覚書き1TOP病院 ≫ 紅の避妊手術*覚書き1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

紅の避妊手術*覚書き1

torisann.gif 紅のお誕生日の記事にコメント、ありがとうございました torisann2.gif


紅は本当に大きくなりました。
ただいま体重も3.4kg。

海が3.8kg~4.0kgをうろうろしているので
暗闇で後姿を見かけると、海か紅か一瞬分からないぐらいです。

でも、男の子と女の子では骨格が違うのか
明るい所で見ると紅の方がスレンダーに見えるんですよね。
海はガッチリたくましいです。
う~~ん。。。もしかしたら毛色のせい??



DSC00969-1.jpg

シッポつなぎでお昼寝




     010.gif




今日は紅の避妊手術の事を書きたいと思います。
文章多目です。


紅は7月生まれ。
6ヶ月を目安に考えると、年明けの1月になります。
今年の初めは次男の高校受験と重なっていて
避妊手術はできれば受験が終わってから。。。と思っていました。


というのも、避妊手術にはトラウマがあって。。。


以前家に居た、アビシニアンのルディの女の子が
避妊手術の麻酔が原因で、重度の慢性腎不全になり
亡くなってしまったという経緯があったためです。


紅も同腹の女の子。
2度は無いと信じていましたが
でも、やっぱり心配は心配で。


何かあって、そのことで次男に動揺があってもと考えてしまったんですね。


大阪の高校受験
2月前半に併願校の私立受験
公立高校は前期選抜と後期選抜があるのですが
次男はまず2月半ばに前期選抜の文理学科受験が決まっていたので

そのテストが終わってからの2月26日が第一候補に選ばれて予約。

前日の夜9時から絶食。
当日の朝7時から絶水だった紅を連れて
朝9時に病院に行きました。

持参した尿の検査と、血液検査のあと、午後から手術をします。
麻酔が覚めたら電話をしますので、夕方にはお迎えに来て上げてくださいと言われて
紅をあずけて帰ってきました。

紅が手術を受ける病院は、女の子もお泊り無しです。

家に帰って、一通りの家事を始め、10時過ぎベランダに出て洗濯物を干していた時です。
リビングに置いてある携帯が鳴りました。

慌てて部屋に戻り、電話に出ようとしたら携帯が切れ
すぐに家の電話が鳴りました。

嫌な予感がしました。
こんな時間にかかってくるなんて、もうあそこしかないじゃない。。と。



電話に出ると、担当の獣医師でした。
『実は、紅ちゃんの血液検査の結果があまりよくないんです』

頭が真っ白になりました。
どうしてうちの子ばっかり?という思いが先にたちました。


どういうことなのか聞いてみると
どうも肝臓の数値が普通より高いらしいのです。


とりあえず、病院に行きますとだけ伝えて電話を切り
慌ててキャリーをもって病院に出向きました。


このとき引っかかった項目が
ALT
AST
ALP
T-Bil(総ビリルビン)

中でもALTの数値が基準範囲22~84のところ146でした。
この数値が高いと考えられる疾患が
肝疾患(肝炎 中毒 外傷など)

その次に指摘されたのがALP
1歳齢以上の基準範囲38~165
1歳齢未満の基準範囲77~358
紅は1歳齢未満で291でした。
この数値が高いと考えられる疾患が
胆汁うっ滞・肝疾患・成長期・腫瘍など




担当医師の話では
仔猫なので、成長途中でまだ肝臓の数値が安定していないだけという考え方もできます。
ということでした。


前回の女の子のこともあるし
ちょっと考えさせて欲しいと言って
紅を連れて帰る事に。


気持ちは複雑でした。
先生の言葉の感じからは
『数%はリスクがあるかもしれないが、避妊手術ができない範囲ではないですよ
でも、絶対大丈夫とは言えません』というニュアンスです。

悩んでいる私を見かねて先生が
『一度連れて帰って、様子を見るのも良いですね』と助言がありました。




とりあえず、1ヶ月様子を見ることにしました。


というのも。。。
これも人の都合ですが
次男が前期選抜の文理学科受験に失敗して、後期選抜の普通科受験が決定していたからです。

まぁ、次男の受験失敗は、紅の避妊手術とは関係なく
ただただ力不足。。。だっただけなんですけどね(笑)



そういうわけで
紅の避妊手術。

次回の予約を3月12日に取って、仕切りなおすことになったのでした。      つづく。。。




DSC00964-1.jpg

高1男子の寝乱れたベッドで。。。(背景の見苦しさは、2にゃんの仲睦まじさでご容赦ください
このスポット、2にゃんの大のお気に入り



ご訪問、ありがとうございました

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
にほんブログ村
緑の木ただいまコメントのお返事はお休みさせていただいています緑の木


スポンサーサイト

Comment

続きが気になるわぁ・・・・・
読み進めて ちょっと息を飲んじゃった
病院から電話が来た瞬間のmimiさんの気持ちを考えたら
なんだか胸がつまりました
紅ちゃん 大丈夫だったのかしら
紅ちゃんと海ちゃん のほほ~んとしてるから
きっと大丈夫ねw

今年の春は本当に忙しかったのね
小さいお兄ちゃんの受験も気になるぅw
2013.07.31Wed 21:29 ≫ 編集
子供の受験、本人よりも周りが気を使いますよね!
紅ちゃん、大変でしたね!
案外安易に考えてました、大したことない、なんて数値もあまり真剣に見てなかったし(--;)
今元気ってことは大丈夫だったことですから、
次回、少し安心して読めますよね!
2013.08.01Thu 09:21 ≫ 編集
麻酔のリスクって、病院の先生から説明は受けても
自分のところには当たらないだろう…なんて、軽く考えがちですが、
前の女の子のときにそんな辛い経験をされたんですね…
それは、慎重になっても当然というか、手術が怖くなると思います。
今こうして紅ちゃんの元気が姿があるので、安心してお話が伺えますが、
mimiさん、本当に大変でしたね!
2013.08.02Fri 00:50 ≫ 編集
お兄ちゃんの匂いが落ち着くのですかね^^
我が家では最近、私の尾てい骨を守るように買ったドーナッツ座布団がジェイクのベッドになってしまいました^^;

避妊手術、色々あったのですね。
バディも心臓が最初の一年かなり悪かったので生後10ヶ月まで去勢しなかったんですよ。
しかも手術も一か八かでした。
麻酔の説明もいっぱいしてくれました。
何かあったらすぐ飛んでいけるように病院の近くにある実家にいましたし。
何か異変があったらすぐ覚醒してすぐ連絡もらうことになってました。
小さな体に大きな負担をかけるわけですし、怖かったですよね。

3月12日、それは嫁っちの誕生日だったりします☆
嫁っちの日に奇跡が起こったのかな?

次回も楽しみにしてます^^
2013.08.03Sat 00:19 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.10.01Tue 13:25 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。